雛人形寄付ガイド

トップページ


雛人形を寄付する場所にお困りなら・・・

トランクルームに預けっぱなしの雛人形…。

ひな祭りの時期が近づいてくると胸がざわつく…。
本当は処分したいけど祟られそうで怖い…。


このようなお悩みなら、雛人形のお祓いという方法がおすすめです。

神社やお寺でもいいのですが、もしかして霊症?というような何かがある場合は、即対応してくれるサービスを選ぶのがポイントです。

雛人形を処分するなら寄付したいのだけど・・・


箱から出される日はもう二度と来ないと思われる我が家の雛人形…。

処分したくても、高額なものであるがゆえになかなか処分に踏み切れず…。

でも本当の理由はそこではないということを、私が一番よく分かっているんです。

そう…はっきり言って怖いのです。

なんだか、お人形さんに魂が入っているようで怖くて捨てられないんです。

だからどこかに寄付してしまいたいって思っているんですけど、どこに寄付すればいいのか分からないし、そんないわくつきかもしれない雛人形を寄付してもいいものか…。

このように気になっている場合は、「雛人形の供養・お祓いをしてもらう」というのも一つの手です。

【お急ぎの方へ】
人形供養・ぬいぐるみ供養の葬送堂は、ダンボールひと箱3,300円で雛人形やぬいぐるみをお祓いしてくれます。しかも届き次第、即お祓い。メールで結果を教えてくれるそうです。


雛人形の処分について

雛人形を処分するにあたってご自身に何か気になる点があるのでしたら、一番納得できる方法で処分されることをおすすめします。

■ ごみとして出す

無料で処分できる一番手っ取り早い処分方法です。

ガラスケースは不燃ごみや粗大ごみになりますので、お住まいの自治体のルールに従って処分してください。

■ メルカリやヤフオクで出品する

状態が良く、久月や吉徳大光など老舗ブランドの雛人形であればメルカリやヤフオクで買い手がつく可能性があります。

■ 誰かにあげる

少し古いものであれば、ジモティーなどに無料で出品してみるのもおすすめです。

取りに来てもらえれば発送の手間などもかかりませんね。

■ リサイクルショップに売る

ネットでやりとりをするのは面倒臭いという方は、リサイクルショップなどのお店に持ち込んでみるのも1つの方法です。

■ 寄付する

幼稚園や保育園、児童養護施設、介護施設などでは寄付を募集しているところもあります。

いわくつきかもしれないものをそのまま寄付するのはなんだか憚られるという場合は、一度お祓いなどを受けてから寄付してあげると安心ですね。

■ 神社やお寺で供養してもらう

霊障などが気になる場合は人形供養を行っている神社やお寺でお祓いやお焚き上げをしてもらいましょう。

地域によっては人形供養を行っていなかったり、特定の日だけしか受け付けていないということもありますので、神社やお寺にお問い合わせください。

■ 人形供養・お祓いをする専門サービスに頼む

雛人形供養は需要が高いため、いくつか専門サービスもあるようです。

ほとんどが近くの神社やお寺と提携して取次をするタイプのようですが、対応スピードを大切にした専門サービスもあります。

自宅から宅配便で送れることや費用面の安さが特長です。

雛人形の寄付について まとめ

立派な雛人形、処分するくらいなら誰かに貰ってもらいたいと考えている人も多いと思います。

でももしそれが、「なんかいわくつきのもの」だったとしたら、おいそれとは寄付できないですよね。

そこで、おすすめしたいのが「雛人形の供養・お祓い」です。

特に、何か気になることが起きている場合はしっかりと確実に対処してもらえるところを探すのが大切です。

全国対応の人形のお祓いサービス

届いたその日に即日対応

  • ダンボール1箱3,300円+送料
  • 大きな箱にまとめて送っても料金は同じ
  • 到着次第、即日でお祓い
  • お祓いできたことをメールで連絡

【対応が可能な人形やお品もの】

●雛人形
七段飾り、三段飾り、五人飾り、親王飾り、御殿飾り、収納飾り、ケース飾り、立雛飾り、手のり雛、つるし雛、衣裳着人形、木目込人形、など

●五月人形
武者人形、金太郎人形、桃太郎人形、収納飾り、など

●その他の日本人形
市松人形、お迎え人形、浮世人形、つるし飾り、お菊人形、結納人形、博多人形、京人形、おやま人形、やまと人形、御所人形、和人形、能人形、鍾馗様、など

●海外の人形・アンティーク人形
古い人形、民俗人形、フランス人形、ビスクドール、スーパードルフィー、など

●ぬいぐるみ
プレゼントのぬいぐるみ、手作りのぬいぐるみ、UFOキャッチャーのぬいぐるみ、など

●着せ替え人形・知育人形・おもちゃ類
リカちゃん人形、バービー人形、ファービー、など

【配送について】
送料は利用者負担(配送手段は都合のよいものを選べます。)

よくある質問

葬送堂の人形のお祓いサービスに関する、質問をQ&A形式でご紹介しています。

Q. どんなダンボール箱でもいいの?

A. 大丈夫です。

ダンボールに収まる範囲であればどれだけ詰めこんでも大丈夫なのですが、1つの箱あたりの重量は20kg以内までとなっているのでご注意ください。

Q. 送った雛人形はどうなるの?

A. 処分または寄付されます。

供養が終わった人形は、寄付または処分となります。

お祓いの後に送り返して欲しいという場合は、別途相談とのことでした。

Q. どのように供養するの?

A. 人形供養師によって供養されます。

複数のお人形を一斉に供養するのではなく、一つずつ丁寧にお祓いをしてもらえます。

Q. 古くてボロボロになっている場合はどうすればいいの?

A. 透明な袋に入れてください。

古すぎてボロボロになってしまっているものや汚れや臭いがあるものは、中身が見える透明の袋に入れた上でダンボールに入れてください。

Q. 心霊現象が気になるのですが送って大丈夫?

A. もちろん大丈夫です。

葬送堂は人形のお祓いと供養の専門サービスなので、なんだか気になるというお人形は自分で処分するよりも、人形供養師の方にきちんとお祓いをしてもらうことをおすすめします。


人形供養コラム

御霊抜き、何と読むでしょうか?そのまま読んだたらおれいぬきと読めますが、こちらはおしょうぬきと読むのが正解です。

お仏壇を処分するときなどに行われる法要のことで閉魂法要や閉眼法要とも呼ばれています。

なぜお墓から出す際にそういった法要が必要なのかというと、そもそもお墓や位牌を使い始める際に御霊入れという儀式を行っているからです。

僧侶が唱えるお経によってお墓や位牌に魂が宿るとされています。

ですので、墓じまいをされたり仏壇を処分すると言った時には魂が入っていた箱をただの箱に戻してあげなければいけないのです。

そのため魂入れが済んでないお位牌はただの置物と言えます。

バービー人形とかってそのまま捨てるのってなんか躊躇っちゃいませんか?生霊じゃないけど捨ててもまた家に戻ってきてしまうような…。

あるあるな怪談を思い出してなんだか捨てられない、そういう人多いと思います。

そんなときは家の近くの人形供養をしてくれる神社やお寺さんに行ってみてはいかがでしょうか。

もし生霊などが取りついていたとしてもお祓いをしてもらうことで何も怖い事はありません。

お家にぬいぐるみがいっぱいあるという人はいませんか?我が家には100体以上のぬいぐるみがあり、流石に増えすぎたことが否めないのでそろそろ処分を考えているのですが処分しようするとなんだか祟られそうな気もしてなかなか捨てられません。

そんな時父の知り合いから紹介してもらったのが人形供養というものです。

神社へ行かずとも箱詰めして送付するだけでお焚き上げをしてくれるというものです。

ぬいぐるみにお祓いなんてと思うかもしれませんが私が納得できたのでこれでいいんだと思います。

幼少期お人形がお友達だったという人もいるかと思います。

そんな思い出深いお人形、押入れの奥深くに眠っていませんか?お人形を捨てられない人にその理由をたずねてみたところ、大切な思い出がいっぱいあるので捨てられない、おじいちゃんおばちゃんからプレゼントされたものなので捨てられない、ひな人形だからなかなか捨てられない、妹のようにかわいがっていたので捨てるに捨てられない、捨てても戻ってくるといったホラー映画のイメージがあって捨てられないといった理由が寄せられました。

お人形の処分方法にお悩みの方は人形供養でお焚き上げがおすすめです。

最近では神社に行かずとも、郵送でお祓いしてもらうこともできますよ。

家にぬいぐるみやドールなどといった人形がたくさんあるという方も多いかと思いますが就職のタイミングなどでそろそろ人形を処分したいという人もいるでしょう。

でもひな人形とかなんだか人そのものみたいで処分するのに躊躇ってしまうという人もいますよね。

近くの神社で人形供養を実施しているようであればお祓いをしてもらうことができますが、近所に人形供養をしている神社なんてないという人も多いでしょう。

そんな時は送付するだけで人形供養をしてくれる霊媒師の方などに供養をお願いするのがおすすめですよ。

人形の町としてしられる岩槻では人形供養祭というイベントが行われています。

飾らなくなったお人形を供養してくれるというものです。

日本人形や西洋人形をはじめ、ぬいぐるみなども対象品です。

鎧などを身にまとった五月人形も対象品ですが、だるまは対象外となっていますので持ち込まないようにしましょう。

人形供養祭が中止になってしまっても、発送による受付はあるので供養自体は行ってもらえます。

供養料の金額指定はないとのことですが1回4000円とも記載されているので上限はないということかと思います。

物置の奥の方に鎮座している雛人形にお困りではありませんか?お子さんが大きくなり雛人形を出さなくなったというご家庭も多いのではないでしょうか。

結婚された子供が引き継いでくれればいいのですが夫のご両親からプレゼントされる可能性もありますので古いものを押し付けるわけにもいきません。

小学生くらいを目途に飾らなくなったというご家庭も多いかと思いますし、ただひたすらタンスの肥やしになってしまうのが雛人形ですよね。

終活を始めることを考えた場合不要なものはどんどん処分する必要がありますのでまだ体が動くうちに大きいものを処分していくことが大切になってきます。

雛人形など小さいものは可燃ごみとして出すことができますがガラスケースに納められた雛人形は粗大ごみに出さなければいけません。

いいかげん人形を捨てたいのだけどそのまま処分してしまって大丈夫なのだろうか?神社などで人形供養をお願いしようと思っても人形供養のお布施の相場が分からないので結局そのまま放置しているという方はいませんか?人形を処分するのにどうしてお金がかかるの?と思われた方、どんど焼きでは一緒にお焚き上げしてもらえない可能性が高いですよ。

肝心のお布施の金額ですが直接伺うのは憚られるという人もいますよね。

そんな悩める方におすすめなのがお焚き上げの金額を明示している人形供養専門サイトです。

雛人形の寄付先でお困りなら

スマホやパソコンから24時間いつでも申込OK
↓ ↓ ↓